2007年09月24日

またもや衝動買いしたのは黒い羽織

またやってしまいました。今度は羽織です。

本当は、ウールに締める半巾帯を探していて、古着屋さんを何件か見たのですがどうもイメージではなく、あきらめムード。
で、ついでに、と、ちょっと価格帯がお高めのお店を覗いたら、以前小紋を買ったときの店員さんにしっかり覚えられていて、ついうっかり話し込んでしまいました・・・

で、大島紬への誘惑は必死で堪えたのですが、「あの小紋にあうのでは?」と出された羽織に、ついうっかり一目惚れ。

だってだって、黒い羽織なのに、とっても可愛いのですもの。

これで、寒い季節になっても、大丈夫です。
いや、その前に袷が着れる季節、というか、気候になってください。
20070924194718.jpg


posted by sil at 23:09| Comment(0) | TrackBack(1) | 買ったもの | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック


Excerpt: 大島紬大島紬(おおしまつむぎ)は、鹿児島県南方の奄美諸島の主島である奄美大島の特産品で手で紡いだ絹糸を泥染めしたものを手織りした平織りの絹布、若しくは絹布で縫製した和服。大島の通称若しくは略称で呼ばれ..
Weblog: 和服の言葉の意味を知る
Tracked: 2007-10-17 19:03
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。