2017年09月20日

なんだかんだで黒歴史 → 好きなものがわかっていく過程



たまたま、このブログに書き込んだ翌日に、なぜか、ここ数年立ち寄りもしていない
呉服屋&悉皆屋さんから、ダイレクトメールが・・・。
しばらく、DMも来てなかったと思うのですが。

そういえば、そのお店で仕立てた万筋、ほとんど着ていないような気がします。

このBlogの「買ったもの」カテゴリは、私にとっては、結構、黒歴史です(爆)

最初は、何も考えずにヤフオクで競り落としたり、古着を買いまくって・・・
着にくくて、着ていない着物もかなりあります。

あと、このころに買った帯は、結びにくくて放り出しているものが多いですね。

そのあと、自分の好みがわかってきてからは、どんどんブランド志向(本人的には、ホンモノ志向のつもり)に走ってます。

夏物は、能登上布と小千谷縮。

そして、ざざんざ織にはまりましたねー (ニセザザの謎は、いまだ解明されず)

で、とあるお店の引き出しには、伊兵衛織も、浦野理一さんの縦節紬も、いっぱい詰まっている
と知ってから、嗚呼、もう手に入れるべきものは手に入れた、と達観(?)した覚えが。

#まあ、そのお店で買うと、そこそこお高かったんですが・・・

今、そのお店では、志村ふくみさんの作品もわりと扱っているらしいです。サイトでみるとすべて売約済ですが。

志村ふくみさんの着物は、工芸作品であって、着るものではない、というイメージがあるので
(実際、博物館で憧れの作品を拝見してきたし)使えないものは買わない主義の私としては、あきらめもつくのですが、、、

そういう意味では、浦野理一さんの紬は着てみたかった、んですよね。
で、お店で羽織らせていただいて、あ、しっくりくる、という不思議な感覚。
無地で落ち着いた色合い、というせいもあるかもしれませんが、若輩者のワタクシに合わせてくれる、というか。


まあ、豪華な辻が花なんぞとちがって、名のある作家の作品だなんて、誰にも気づかれませんが(笑)

しばらくは着ていなかった着物と帯の着回しだけで、数年は過ごせそうです。









posted by sil at 00:37| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月18日

久しぶりに着物を着て美術館へ

とってもとっても久しぶりの更新。

今日は何年かぶりに着物を着て、美術館へ。


単衣はあまり持っていないので、ヴィンテージの塩沢紬(たぶん)を。
今日の東京は30℃超えとのことだったので、中は嘘つきにしましたが、それでも暑かったです。

すっかり帯の結び方も忘れてそうだったので、半幅で変わり文庫に。少し、片方が長くなったけど、片流し風ってことで。(いいかげん)

帯留代わりに、最近、衝動買いしてしまったブローチをしてみました。
わりと派手なんですが、帯と同系色なので、まあいいや、と。(いいかげん)

とある習い事を辞めたこともあり、また着物ライフに戻ろうかと考えています。

そのためには、帯の結び方を思い出さなくては!


EC2A86AD-5872-44FA-9DCF-31A2460483E1.jpg

posted by sil at 23:45| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年02月04日

週末は久しぶりに着物を。浦野さんの着物と帯!

週末はホントに久しぶりに着物を着ました。
かかとを痛めてからなので、1年半ぶりくらいでしょうか。。。

で、ようやく浦野理一さんの節紬に袖を通しました。
落ち着いた桜色の紬に、せっかくなので同じく浦野さんの型染の帯を合わせてみました。至福〜〜〜

これ以上の自己満足はありません!
でもいいんです、本人が幸せなら、ええ。

足底筋膜炎の痛み防止として、ソルボのサポーターをした上に、別珍のタビックス+低反発草履。
歩き方のせいか、少し痛みはありましたが、残らない程度ですみました。

で、お出かけ先は、ホテルのスイーツビュッフェ。
帯をゆるめに締めておけば、ぜんぜん食べられるんですよね、ふふふ。
イチゴのスイーツの数々、堪能してきました。

さて、この春は、着物でおでかけ企画の立案、がんばります!
iphone/image-20120618233447.png


img.jpg

posted by sil at 00:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年01月30日

廃番の鞄が私を呼ぶの巻

昨年の秋から冬にかけて、やたら中古の鞄を買いまくりました。

理由は簡単。
「えー、それ廃番になっちゃってたの?」

そう思うとムショウに欲しくなるタイプ。同じシリーズの鞄の形違いを、3つも買ってしまいましたよ・・・

そして、そのうちの一つを数か月、ハードユースしていたら、さすがに傷みがでてきたので、別のブランドの鞄(これも廃番)をポチって、今はこちらをメインに使ってます。

↓私が購入したのは、ニューローズではありませんが、後輩がニューローズが大好きで、廃番になったのが悔しくて、、と泣いてました。
めっちゃ気持ちはわかるよう、とお互い慰めあってしまいましたことよ・・・

posted by sil at 02:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 買ったもの | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年11月17日

月影屋さんの帯を締めている男性をおみかけしました!

電車で、東京タワーの柄の角帯を締めた、ダンディなオジサマをお見かけして、うっとりしてしまいました。
着物と帯、小物のチョイスが、ステキすぎ!

で、あまりにも帯がステキだったので、ネットで検索したら、月影屋さんの角帯でした。

● 月影☆オンラインショップ
http://home.a07.itscom.net/kageya2/

なんと、女性用半幅もあるんですね。ドキドキ・・・


posted by sil at 01:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年11月14日

トゥシューズ選びに悩んでいる記録(購入の備忘録とも言う)

ええと、いきなりですが、昨年の秋にクラシックバレエを始めました。

で、今年の5月に、はじめてトゥシューズ(ポワント)を履くひと向けのクラスをはじめるというので、なんとワタクシもそのクラスに入れてもらえることになりました。
(ちなみに、普通は、2~3年はきちんと練習して脚力をつけないと、オトナ初心者はトゥシューズが許可されない、らしいです。ワタクシは筋トレクラス皆勤だったのと、その前にジャズダンスをやっていたので、下駄をはかせてもらった、ぽいです)

といっても、週一回、バーレッスンだけ、あくまで身体の引き上げの練習のため。
わかってはいても、アコガレのトゥシューズですよ。舞い上がりました、はい。

ですが、、、ワタクシ、足に靴があわないのです。細くて、アーチが高くて、でも柔らかいのでペタンと潰れる、という困った足です。
とある健康系靴屋さんで「あなたが履けるのはこのメーカーの靴だけですね」とまで言われ、ずーーっとそのスイス製の靴を履いてました。

という困った足の人間が、トゥシューズを選ぶ、いや、大変でした。
最初は、店員さん+先生が選んでくれた、チャコットのスワニルダ。もうアコガレのトゥシューズにおメメきらきら、、だったのですが、これが、なぜか右だけがすこんと落ちる。痛くて立てない。
いや、痛いものだとは聞いていたけれど、どうも違うんじゃないかと。足の細さ(ワイズ)が合わないぽい。特に、右、致命的。

いろいろ詰め物やら、お店で教わった小技などを試してみたんですが、いろいろ試すおカネを考えると、ちゃんと別のトゥシューズを改めて購入したほうが良いのでは、と考え、素敵なスワニルダ様をあきらめ、次に購入したのが、シルビアのネオチェリー。
右だけ一枚、布のパッドをトゥパッドにかぶせるだけで、左右差解消。店員さん、ありがとう。
これが足裏がアーチに沿う、ということかー、と感動したのですが、ちょうど時期が梅雨。にもかかわらず、お手入れ不足(湿気取りを入れるなんて思いもしなかった)のため、あっという間にソールがぐにゃり、と。うわあ。

レッスン中に怖い思いをしたので、慌てて早くも3足目を買うことに。
ちょうどお店が空いている時間だったこともあり、とにかくいろいろ試させてもらいました。

結局、あまりの立ちやすさに驚いて購入してしまったのは、グリシコ2007。初心者の分際でロシア製!

しかし、初心者向けでない、と言われる理由はすぐに判明。固すぎて、ドゥミが通らない(つま先でなく、いわゆる普通のつま先立ち、足指で立つ状態)orz
これができないと、立っても下りれません。うわーん。

でも、なんとなく足にもあってるし、立ちやすくなってるし、、で、今に至ります。

まだまだバーから離れると、かなーりアヤウイ状況でして、優雅に踊るのはまだまだ先の話ですが、いつかきっと。ええ、がんばりますっ!

次は、グリシコのプロフレックス、試してみたいなあ・・・(ん?これって単なる物欲?)







posted by sil at 01:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年10月30日

浦野理一さんの節紬と紅型帯

友人から、着物でごはん、のお誘いが。
かなり足も良くなってきたし、何より着物が着たい!
せっかく購入した、浦野さんの袷の節紬、まだ着てないんです!

そういえば、浦野さんの作品かどうか、確証が持てずに購入した紅型の付け帯、その後、色違いの帯を別のお店のネットショップで見かけました。模様(型)は全く同じ。
なので、浦野作品であること、確定!

ネットでも、意外に出回ってますね。きれいな藤色、いいなあ。






【3万円以上送料無料!】幻の作家「浦野理一薄」紫色地紬道行コートw412

幻の作家「浦野理一薄」紫色地紬道行コート
価格:187,110円(税込、送料別)


posted by sil at 01:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年10月28日

足底筋膜炎(足底腱膜炎)で着物を着るには。。。

というわけで、踵の痛みが昨年の夏から続いており、足底筋膜炎と診断され、着物から遠ざかっております。

特に、朝に痛くなり、そのうち楽になるけど、夕方足が疲れるとまた痛くなる、という毎日でした。

ワタクシの場合、理由は非常に明確で、昨年夏まで習っていたジャズダンスと、そのあと習い始めたクラシックバレエのせい・・・
ステップやジャンプの際に、膝で衝撃を吸収させずに、がんっと踵で着地してしまい、痛めました。

同じ理由で、最近流行りのランニングなどでも痛めやすいそうです。

で、本当は良くなるまで、スポーツ等を止める、というのが正しいのですが、そこはタイミング悪く、昨冬ははじめたばかりのクラシックバレエでクリスマス会に出る、という決断をしたために、無理をしてさらに悪化。

整骨院の先生から紹介された整形外科に行ってレントゲンを撮ってみたら、見事に踵の骨にトゲが生えていましたよ!(骨棘というそうです)

しかし、手術したからといってかならずしも痛みが取れるわけではないし、ステロイドの注射も100%効くとは限らない、とのこと。
お医者様曰く、それまで通り、整骨院で地道にリハビリ(ストレッチやテーピング、足首やふくらはぎの張りを緩める)してね、とのこと。

というわけで、整骨院の先生といろんなことを試してみました。

で、かなり良くなってきたワタクシの場合、効果があったことを参考までに書くと・・・。

・靴を変えた 
調整してくれる靴屋さんで、アーチをあげるように調整してもらい、普段の生活で踵に負担がかからないようにしてもらいました。これが一番地道に効いたように思います。

・キネシオテープでのテーピングとバンテリン足首用サポーター
これも、レッスン前とかにアーチをあげるために、かなりかっちり固定。
ただ、キネシオテープは結構高いし(!)、貼るのが難しいこともあって、レッスン以外のときはバンテリンのサポーターも並行して愛用。

・そして、ソルボのかかとサポーター!
いろいろクッションだのジェルパッドだのを試しましたが、整骨院の先生からこれが良いらしい、という情報を得て、取り寄せてもらったのが、人工筋肉「ソルボ」を使った、かかとサポーター。衝撃吸収剤、すごいです。
これなしでは、レッスンができません。本当に楽です。
てか、先日、うっかりサポーターなしでジャンプしてしまい、泣きそうになりました。いかに、ソルボに助けられているか。。。

ソルボのインソールも優秀で、ちょっとそのあたりのおでかけには、ペタンコの靴にインソールを入れて歩いてます。

で、話を着物に戻すと、実は、友人行きつけの古着屋さんの店主も、ランニングによる足底筋膜炎とのことで、話がはずみ、おススメされた低反発の草履を購入。
でも、痛みが怖くて、まだ履けてないのです。
ソルボサポーターを足袋の中に履ければよいのですが、ほとんどが足首が長めなのですよねえ。
まあ、そもそも足袋のサイズが大きくないと中に履けないのですが。

タビックスだったらあんまり気にせず履けるかも。
と、今年は、タビックス+ソルボサポーター+低反発草履、の組み合わせで試してみようか、と考えております。ヒールパッドでもよいかも。

今年も、バレエのクリスマス会の練習で、足に負担かけまくりの日々ですが、終わったらぜひこの冬こそ着物でおでかけ、に戻りたいと夢見る日々です。

あ、スポーツや、踵に負担がかかることを止めるのが、治すための一番の近道ですよ、ねんのため。




posted by sil at 00:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年10月24日

久しぶりに更新してみました。

生存してます。。。しかし、着物は着ておりません。

昨年夏から、足底筋膜炎、というものになってしまい、
踵が痛くて、特に朝がつらいのです。
いまだに、下駄や草履が履けません・・・(泣

今年こそ、浦野さんの着物、帯と組み合わせて着たいのに・・・。

本日、通勤途中の電車で、レトロモダンな菊の柄の小紋を着た
お姉さまがいらして、つい目の前に立ってしまいました。
波津彬子さんの作品(コミック)から抜け出してきたような美しい方でした。眼福。

posted by sil at 20:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年07月16日

三井記念美術館『大妖怪展』に行ってきました

暑さにやられていますが、生きてます。でも、3連休が終わってしまって、カナシイ・・・
3連休最終日は、着物(ちょっとアンティークな、たぶん小千谷縮)で「大妖怪展」に行ってきました。

「大妖怪展 - 鬼と妖怪 そして ゲゲゲ-」
開催場所:三井記念美術館
開催期間:2013年7月6日〜9月1日
http://www.mitsui-museum.jp/exhibition/index.html

ええと、京極夏彦の京極堂シリーズが大好きです。でもって、小松和彦さんの本なんかも持っていたりします。

いやあ、見ごたえありましたねえ。冒頭の月岡芳年の浮世絵あたりも見事ですが、なにげに広重の王子のお狐様の絵に見惚れてしまったり・・。
でもって、「百鬼夜行図」! ほ、、本物だー! 「百器徒然袋」! ほ、、本物だー!
さりげなく解説に、岡野玲子さんの名前があったりして、のけぞってしまったりwww
付喪神の絵は、、可愛いんですよ。なんの器物だったのかわかんないのもありましたが、日本人の感性は昔からこんなかんじだったのかなあ、と。畠山恵さんじゃなくても、「お茶ください」と言いたくなります(^-^)

で、圧巻だったのは、水木しげる大先生の昭和時代(いつごろなんでしょうねえ)のカラー原画!!
背景の書き込みの見事さ、緑から青にかけてのグラデーションの色使いの美しさ。
浮世絵の構図そのままに水木ワールドに仕立て上げているものもあるのですが、その精緻な筆致に圧倒されます。こんなに美しい「絵」をお書きになる方とは存じませんでした。鬼太郎のイメージしかなくて、ごめんなさい!

とにかく、堪能しまくりでした。満足満足。

ちなみに、本展覧会は、着物・浴衣割引がありますので、夏着物でぜひ!




【送料無料】姑獲鳥の夏 [ 京極夏彦 ]

【送料無料】姑獲鳥の夏 [ 京極夏彦 ]
価格:840円(税込、送料込)

【送料無料】京都魔界案内 [ 小松和彦 ]

【送料無料】京都魔界案内 [ 小松和彦 ]
価格:720円(税込、送料込)

posted by sil at 00:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。